2018.9.6 19:17

原江里菜、新相棒・清水キャディーと好発進「すごくいい影響あった」/国内女子

原江里菜、新相棒・清水キャディーと好発進「すごくいい影響あった」/国内女子

1H、5位タイで終了した原江里菜=富山・小杉CC(撮影・中島信生)

1H、5位タイで終了した原江里菜=富山・小杉CC(撮影・中島信生)【拡大】

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第1日(6日、富山・小杉CC=6605ヤード、パー72)国内四大大会第2戦は小祝さくら、鬼頭桜、浜田茉優のツアー未勝利勢と前週優勝の申ジエ(韓国)が67をマークして5アンダーで首位に並んだ。

 1打差の5位に有村智恵、葭葉ルミ、福田真未、香妻琴乃、原江里菜ら8人が続く混戦。

 2015年以来のツアー3勝目を目指す原江が5バーディー、1ボギーの68で5位と上々のスタートを切った。アイアンショットがあまりピンにつかない中、安定したパットでスコアをつくった。「無駄なボギーもなくラウンドできた」と満足そうに胸を張った。

 大きな力となったのは、今大会で初めて自身のバッグを担ぐ清水キャディーの存在だ。イ・ボミ(韓国)を2年連続の賞金女王に導いた名キャディーに的確な助言をもらい「迷いなく打てている。私にとって刺激的で、すごくいい影響があった」と感謝していた。

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 原江里菜、新相棒・清水キャディーと好発進「すごくいい影響あった」/国内女子