2018.9.5 05:03(1/2ページ)

松山、年間王者挑戦圏突入!通算12アンダー今季自己ベストに並ぶ4位/米男子

松山、年間王者挑戦圏突入!通算12アンダー今季自己ベストに並ぶ4位/米男子

特集:
松山英樹
猛チャージをみせて4位に食い込んだ松山。久しぶりの上位進出に納得の表情をのぞかせた (共同)

猛チャージをみせて4位に食い込んだ松山。久しぶりの上位進出に納得の表情をのぞかせた (共同)【拡大】

 米男子ゴルフ・プレーオフ第2戦デルテクノロジーズ選手権最終日(3日、米マサチューセッツ州ノートン、TPCボストン=7342ヤード、パ=71)首位に7打差の25位から出た松山英樹(26)=LEXUS=は8バーディー、2ボギーの65をマーク。通算12アンダーで今季自己ベストに並ぶ4位に入った。年間総合優勝を争う獲得ポイントで28位に浮上し、プレーオフ第3戦に進んだ。ブライソン・デシャンボー(24)が通算16アンダーで2週連続優勝。今季3勝目を挙げた。タイガー・ウッズ(42)=ともに米国=は通算7アンダーの24位。 気温30度を超える暑さの中でビッグスコアをたたき出した松山が、今季自己最高に並ぶ4位に食い込んだ。

 「ショットの感触は良くなかったが、たまたま(ピンに)ついてくれた」

 3番(パー3)で第1打をピンそば1・5メートルにつけたのを皮切りに、怒涛(どとう)の5連続バーディー。9番で6メートル、10番はグリーンエッジ7メートルからパターでカップインすると、通算13アンダーまで伸ばし、一時はリーダーボードのトップに立つ場面もあった。11、12番と3パットから連続ボギーで勢いが止まり、逆転Vはならなかった。

【続きを読む】

  • 最終ラウンド、18番でバーディーパットを決める松山。通算12アンダーで4位=TPCボストン(共同)
  • 最終ラウンド、4番で第2打を放つ松山英樹=TPCボストン(共同)
  • 最終ラウンド、6番でティーショットを放つ松山英樹=TPCボストン(共同)
  • 最終ラウンド、18番でパーパットを決め2週連続優勝を果たしたブライソン・デシャンボー=TPCボストン(共同)
  • デルテクノロジーズ選手権上位成績
  • フェデックスカップポイントランク上位
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、年間王者挑戦圏突入!通算12アンダー今季自己ベストに並ぶ4位/米男子