2018.9.5 05:00(2/3ページ)

【Enjoy!Golf】佐野修一、バンカー脱出法は砂だけ打て

【Enjoy!Golf】

佐野修一、バンカー脱出法は砂だけ打て

実際のインパクトではアドレス時よりも腰が入る

実際のインパクトではアドレス時よりも腰が入る【拡大】

 アドレスで、まずはインパクト時の形を作りましょう。左足に体重が乗って、左腰がグッと入る。手の位置は自然とハンドダウンになって、頭の位置は真ん中に残っているでしょう。

 そのインパクトの姿勢を保ったまま、クラブを振り上げてください。左足に体重が乗っていて、大きな体重移動はいりません。この打ち方なら楽に打てますし、脱出もできるはずです。

 特に女子プロのバンカーショットを見ていると、腰を動かそうとする選手が多いと感じます。しかし、これではスイングにぶれが生じてミスが多くなります。最初からインパクトの形を作っておけば防ぐことができるでしょう。

 距離感をつかむには、ピンが近ければ右足前方にボールをセット。ピンが遠ければ右足よりもやや内側に入れてください。あとはバンカー練習を重ねて感覚をつかむしかありません。

 最初からインパクトの形を作って打つバンカーショットなら、アマチュアの方でも「キュッ、キュッ」と止まるボールが打てると思います。ぜひ、やってみてください。

【続きを読む】

  • インパクトの状態でアドレスを作る
  • 佐野修一(左)と金井プロ(右)のツーショット(自宅内)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 【Enjoy!Golf】佐野修一、バンカー脱出法は砂だけ打て