2018.9.5 05:00(1/3ページ)

【Enjoy!Golf】佐野修一、バンカー脱出法は砂だけ打て

【Enjoy!Golf】

佐野修一、バンカー脱出法は砂だけ打て

インパクトの状態でアドレスを作る

インパクトの状態でアドレスを作る【拡大】

 ゴルファーの悩みを解決する「寺子屋ゴルフ」シリーズの第3弾。ジャンボ軍団で腕を磨いた自衛隊出身プロの佐野修一(70)=レイケン=が指導する自宅の練習場に、なんとサンケイスポーツを読んだ女子プロの金井智子(35)=MY ASSOC Inc.=が“駆け込んで”きた。いろいろと悩みを打ち明ける金井を診断した佐野は、まずバンカーからの脱出法を指南した。(取材構成・稲垣博昭、写真・福島範和)

 昨年のプロアマ戦で同組になったことがある金井プロが、駆け込んできました。金井プロは身長1メートル68と女性としては長身で、腕や足も長い。悩みを聞けば、「バンカーショットでよくトップする」とのことでした。

 バンカーショットのアドレス時に、手元が浮いているように見えます。いかにもトップする感じで、苦手意識が伝わってきます。バンカーショットは、ドライバーやアイアンとは別物と考えてください。ボールではなく、砂だけを打つ。砂を“どれだけ取ればいいか”などという理屈は不要です。クラブの入れ方に気をつけるだけでいいのです。

【続きを読む】

  • 実際のインパクトではアドレス時よりも腰が入る
  • 佐野修一(左)と金井プロ(右)のツーショット(自宅内)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 【Enjoy!Golf】佐野修一、バンカー脱出法は砂だけ打て