2018.9.3 05:04(1/3ページ)

星野陸也、4日間トップ譲らず完全初V!松山&石川遼に続くスター誕生/フジサンケイC

星野陸也、4日間トップ譲らず完全初V!松山&石川遼に続くスター誕生/フジサンケイC

特集:
松山英樹
石川遼
期待の星がついにツアー初優勝! 圧巻の完全優勝を決めた星野は18番グリーン上でバンザイ。1メートル86の長身が大きな存在感を放った

期待の星がついにツアー初優勝! 圧巻の完全優勝を決めた星野は18番グリーン上でバンザイ。1メートル86の長身が大きな存在感を放った【拡大】

 フジサンケイ・クラシック最終日(2日、山梨・富士桜CC=7339ヤード、パー71)大型スターの誕生だ! 首位から出た星野陸也(22)=フリー=が7バーディー、2ボギーの66をマークし、通算16アンダーでツアー初優勝を果たした。富士桜における大会レコードを3打更新し、2位に5打差をつける圧勝劇。日本勢の優勝は4年ぶり、4日間首位を譲らない完全優勝は21年ぶりとなった。将来は米ツアー挑戦を目指す22歳が、富士の頂から世界へと羽ばたく。

 富士の麓で、一番星が輝いた。最終18番(パー4)。10センチのウイニングパットを沈めると、星野は長い両手を曇天の空に突き上げた。家族の姿を見つけると、思わず涙。顔をぐしゃぐしゃにして両親に抱きついた。

 「本当にうれしい。去年から期待をしてもらって、やっと応えられた。富士桜でこのスコアで勝てて、自信になった」

 5打差をつけてスタートし、7番(パー3)を終えて3打差に詰め寄られた。それでもマイペースを貫いた。焦ると打ち急ぐ傾向があった昨季の反省を生かし、わざとゆっくり歩くことでスイングのリズムを保った。

 10番(パー4)で嫌な空気が変わった。グリーン右手前ラフから残り25ヤード、第3打のアプローチはピンに激しく当たりカップに吸い込まれた。「奇跡」と本人も仰天のチップインバーディーが勝利を引き寄せた。

 プロ3年目。1メートル86の長身から放たれる平均飛距離300ヤード超の飛ばし屋として注目されてきた。今年6月の「全米オープン」で海外メジャーに初挑戦。予選落ちしたが、決勝ラウンドの松山英樹(26)=LEXUS=らのプレーをロープ外から観戦した。

【続きを読む】

  • 22歳の新星は、この優勝から賞金王、米ツアー参戦…と夢は膨らむばかりだ(撮影・甘利慈)
  • 13年Vの松山英樹
  • 09年、10年Vの石川遼
  • ティーショットを放つ星野陸也=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • 10Hでチップインバーディーを決め、ガッツポーズの星野陸也=富士桜カントリー倶楽部(撮影・福島範和)
  • 10Hでチップインバーディーを決める星野陸也=富士桜カントリー倶楽部(撮影・福島範和)
  • 優勝した星野陸也=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • フジサンケイクラシック・完全優勝者
  • フジサンケイクラシック・最近10年の優勝者
  • 星野陸也・今季成績
  • フジサンケイクラシックでツアー初優勝を飾った選手
  • 男子ゴルフ・賞金ランク上位
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 星野陸也、4日間トップ譲らず完全初V!松山&石川遼に続くスター誕生/フジサンケイC