2018.9.2 05:05(2/3ページ)

星野陸也、独走5差!富士桜CC史上初完全V王手だ/フジサンケイC

星野陸也、独走5差!富士桜CC史上初完全V王手だ/フジサンケイC

ガッツポーズの星野陸也

ガッツポーズの星野陸也【拡大】

 7番(パー3)では「アイアンショットの入りも良くなって、いつもより10ヤードくらい飛んでいる」と176ヤードでPWを選択してもピンの奥へ。約1000メートルの標高で飛距離が出ることもあり、「明日も飛びすぎないか心配です」と苦笑いの22歳は、まだまだ発展途上中だ。

 6月には「全米オープン」で海外メジャーにデビューした22歳。結果は予選落ちだったが、世界のトッププロを間近に見て、「力が入っていないところや球筋がすごく勉強になった」。そして「最大の目標は海外メジャーで勝つこと。25、26歳くらいにはPGA(米ツアー)に挑戦したいですね」と目を輝かせる。

 海外進出のためにも、直近の目標は富士桜での優勝だ。「このコースにしっかり向き合うことが大事。自分がいけるときにはしっかりと狙って、マネジメントをうまくやって頑張ります」。

 完全優勝を実現すれば、詳細な記録が残る1978年以降の富士桜の72ホール競技では初めてとなる。歓喜に沸く瞬間まで、富士桜の主役は誰にも譲らない。(原田遼太郎)

【続きを読む】

  • 6番ホールで富士山に向かってティーショットを放つ星野。念願のツアー初優勝と完全優勝へ、あと1日だ(撮影・福島範和)
  • 3番でティーショットを放つ星野陸也=富士桜CC
  • 18Hバーディパットを沈める星野陸也=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • ティーショットを放ち、打球の行方を見つめる時松隆光=富士桜カントリー倶楽部(撮影・戸加里真司)
  • 17H、バンカーショットを放つ今平=富士桜カントリー倶楽部(撮影・福島範和)
  • 2Hティーショットを放つ大堀裕次郎=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • 9H、ティーショットを放つ池田=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • 6Hパーパットを沈めた松原大輔=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • 1Hクラブを抜く丸山大輔=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • フジサンケイクラシック・過去10年の優勝者
  • フジサンケイクラシックでツアー初優勝を飾った選手
  • 星野陸也・今季成績
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 星野陸也、独走5差!富士桜CC史上初完全V王手だ/フジサンケイC