2018.9.2 05:05(1/3ページ)

星野陸也、独走5差!富士桜CC史上初完全V王手だ/フジサンケイC

星野陸也、独走5差!富士桜CC史上初完全V王手だ/フジサンケイC

6番ホールで富士山に向かってティーショットを放つ星野。念願のツアー初優勝と完全優勝へ、あと1日だ (撮影・福島範和)

6番ホールで富士山に向かってティーショットを放つ星野。念願のツアー初優勝と完全優勝へ、あと1日だ (撮影・福島範和)【拡大】

 フジサンケイ・クラシック第3日(1日、山梨・富士桜CC=7530ヤード、パー71)星野陸也(22)=フリー=が8バーディー、3ボギーとこの日ベストの66で回り、通算11アンダーで首位をキープ。2位との差を1打から5打へ広げた。3日間一度も首位を譲らず、この大会の4日間競技では21年ぶりとなる完全優勝、そして自身にとってレギュラーツアー初勝利へ王手をかけた。2位は通算6アンダーで重永亜斗夢(29)=ホームテック=ら3人。

 最終18番(パー4)、星野が6メートルを沈めてバーディー締め。完全優勝をグッと近づけた。2位に5打差をつけて迎える自身初の最終日最終組。ツアー初優勝へ、その勢いは増すばかりだ。

 「いい緊張感のなかで自分のゴルフがうまくできた。ショットが好調なのが強みでした」

 前日に1WであわやOBというティーショットを放った8番(パー4)では、3Wを選択。しっかりとフェアウエーをキープし、160ヤードからPWで横3メートルへつけてバーディーを奪った。この3日間のドライビングディスタンスは328・67ヤードで全体4位の飛距離を誇るが、1Wを握ったのはこの日わずか6ホール。冷静なコースマネジメントも、好スコアを支えている。

【続きを読む】

  • ガッツポーズの星野陸也
  • 3番でティーショットを放つ星野陸也=富士桜CC
  • 18Hバーディパットを沈める星野陸也=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • ティーショットを放ち、打球の行方を見つめる時松隆光=富士桜カントリー倶楽部(撮影・戸加里真司)
  • 17H、バンカーショットを放つ今平=富士桜カントリー倶楽部(撮影・福島範和)
  • 2Hティーショットを放つ大堀裕次郎=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • 9H、ティーショットを放つ池田=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • 6Hパーパットを沈めた松原大輔=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • 1Hクラブを抜く丸山大輔=富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈)
  • フジサンケイクラシック・過去10年の優勝者
  • フジサンケイクラシックでツアー初優勝を飾った選手
  • 星野陸也・今季成績
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 星野陸也、独走5差!富士桜CC史上初完全V王手だ/フジサンケイC