2018.9.2 05:04(1/2ページ)

大逆転Vへゆくぞ亜斗夢!重永、急浮上「66」/フジサンケイC

大逆転Vへゆくぞ亜斗夢!重永、急浮上「66」/フジサンケイC

重永が体ごと“池ポチャ”しそうなところから、ナイスアプローチ!(撮影・戸加里真司)

重永が体ごと“池ポチャ”しそうなところから、ナイスアプローチ!(撮影・戸加里真司)【拡大】

 フジサンケイ・クラシック第3日(1日、山梨・富士桜CC=7530ヤード、パー71)首位に5打差の14位から出た重永亜斗夢(29)=ホームテック=が6バーディー、1ボギーの66とスコアを伸ばし、通算6アンダーの2位に浮上した。同じく2位に木下稜介(27)=ハートランド、今平周吾(25)=フリー=が並んだ。首位を走る星野陸也(22)=フリー=とは5打差。20代の3人が大逆転優勝を狙う。

 激戦の富士決戦で、重永が優勝戦線に急浮上だ。16番(パー3)で、あわや池ポチャのショットを放ちながらもパーセーブ。最終18番(パー4)はバーディーで最終日に望みをつないだ。

 「上がりのバーディーは気持ち良かった。16番? 最後のバーディーで忘れていた」

 まさに間一髪だった。賞金500万円のホールインワン賞もかかる16番。重永の第1打は、グリーン左手前の斜面を転がり落ちた。その先には池。ギャラリーも思わず「止まれ!」と叫ぶ。残り10センチで球が止まった。

 少しでも足を踏み外せば池に落ちてしまう状況。「ボギーでもいいと思っていた」。ここでアプローチをピン手前3メートルに寄せ、危機を乗り切った。「2打もうかった」。ホッと息をついた。

【続きを読む】

  • 木の陰からもナイスショット。アトムが逆転優勝へ加速する(撮影・戸加里真司)
  • 15番ホールを終え、キャディーにパターを手渡す重永亜斗夢=富士桜カントリー倶楽部(撮影・戸加里真司)
  • 重永亜斗夢・16番パーセーブ
  • フジサンケイクラシック・過去10年の優勝者
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 大逆転Vへゆくぞ亜斗夢!重永、急浮上「66」/フジサンケイC