2018.9.2 05:03

木下、大健闘の2位浮上!星野に「プレッシャー与える」/フジサンケイC

木下、大健闘の2位浮上!星野に「プレッシャー与える」/フジサンケイC

イーグルパットを沈め、ガッツポーズする木下稜介=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・戸加里真司)

イーグルパットを沈め、ガッツポーズする木下稜介=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・戸加里真司) 【拡大】

 フジサンケイ・クラシック第3日(1日、山梨・富士桜CC=7530ヤード、パー71)レギュラーツアー未勝利、賞金シードも獲得したことがないプロ5年目の木下が、大健闘の2位浮上だ。

 「ショットが良くてピンチも少なく、4アンダーで回れて上出来です」

 17番(パー5)で残り256ヤードから3Iで2オンし、5メートルのイーグルパットを決めた。この日は67の好スコアで、「富士山を見る余裕があった」と満足げに振り返った。

 松山英樹や石川遼と同学年の27歳。今月、同じ奈良県出身の谷口徹(50)らと北海道で4日間合宿を行い、大先輩から「しっかり(体を)回していけ」と忠告された。ダウンスイングで腰が止まる癖を修正し、得意のアイアンショットに磨きをかけた。

 「前半に星野くんにプレッシャーを与えて、後半勝負をかけたい」。今年6月に下部ツアーでプロ初勝利を挙げた勢いで、一気に出世街道を駆け上がる。(白石大地)

木下 稜介(きのした・りょうすけ)

 1991(平成3)年7月16日生まれ、27歳。奈良県出身。10歳からゴルフを始める。香川西高に進み、2009年「全国高校選手権」2位。大阪学院大4年時の13年「朝日杯日本学生」を制した。同年12月にプロ転向。17年QT3位。今年6月に下部ツアー「ISPS HANDA 燃える闘魂!! チャレンジカップ」優勝。得意クラブはアイアン。1メートル74、75キロ。

リーダーボードへツアー日程へ

  • フジサンケイクラシック・過去10年の優勝者
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 木下、大健闘の2位浮上!星野に「プレッシャー与える」/フジサンケイC