2018.8.29 05:00(1/2ページ)

【シニアプロが教える上達のツボ】須貝昇の「今年のリンクスでつかんだ飛ばしのコツ」編

【シニアプロが教える上達のツボ】

須貝昇の「今年のリンクスでつかんだ飛ばしのコツ」編

特集:
シニアプロが教える上達のツボ
ボールを上から押さえつける低弾道の球筋

ボールを上から押さえつける低弾道の球筋【拡大】

 男子シニアツアーの「コマツオープン」が30日から3日間、石川・小松CCで開催される。ツアーを主管する日本プロゴルフ協会(PGA)の協力によるレッスンの第10弾は、「全英シニアオープン」の優勝経験もある須貝昇(68)=フリー=が今年のリンクスでつかんだ飛ばしのコツを、惜しみなくレッスンする。 (取材構成・稲垣博昭、取材協力・嵐山CC)

 7月のシニアメジャー「全英シニアオープン」は2002年大会で優勝して出場権を得て、ほぼ毎年出場させてもらっています。今年の舞台はシニア初開催の“聖地”セントアンドルーズでした。

 第1ラウンド後につかんだ飛距離アップは、アマチュアゴルファーでも簡単に実践できます。キャリーでも220ヤードしか飛ばずに悩んでいましたが、同組のビリー・メイフェア(52)=米国=が強風下でも高弾道ショットを打っていたスイングを目の当たりにして、ハッとさせられたんです。

 これまでは、ボールを上から押さえつけて低弾道の球筋を意識していました。ただボールやクラブの進化で、風が強くても昔ほどの影響を受けなくなっています。“ビッグボール”を打つためのヒントを2つ挙げます。

 〔1〕【アッパーブローでボールをとらえる】元来カット打ちだったため、ボールを上からつぶそうとしていました。方向性は安定するのですが、フェース面に球が食いついてくれないためドロップして飛距離をロスしていました。

 そこで、力まずにインパクトすることを心がけ、風が吹いていても球を押さえつけずにアッパーにクラブヘッドを入れるようにしました。注意点はダウンスイングで右肩を下げすぎず、肩のラインをなるべく平行に保つこと。これで球が高くなり飛距離も稼げます。

【続きを読む】

  • アッパーでのインパクト。右肩を下げ過ぎず
  • ヘッドの位置は真っすぐに
  • 体の左方向へ“引っ張る”とヘッドの位置はここになる
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 【シニアプロが教える上達のツボ】須貝昇の「今年のリンクスでつかんだ飛ばしのコツ」編