2018.8.27 09:08

松山、後半の出来に手応え「4バーディーを取って終わることができた」/米男子

松山、後半の出来に手応え「4バーディーを取って終わることができた」/米男子

特集:
松山英樹
最終ラウンド、18番でアプローチショットを放つ松山英樹。通算9アンダーで15位=リッジウッドCC(共同)

最終ラウンド、18番でアプローチショットを放つ松山英樹。通算9アンダーで15位=リッジウッドCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーオフ第1戦、ノーザントラストは26日、ニュージャージー州パラマスのリッジウッドCC(パー71)で最終ラウンドが行われ、26位で出た松山英樹は5バーディー、2ボギーの68と伸ばし、通算9アンダーの275で15位だった。

 ブライソン・デシャンボー(米国)が69で回り、通算18アンダーで今季2勝目、ツアー通算3勝目を挙げ賞金162万ドル(約1億8000万円)を獲得。今季のポイント争いでもトップに立った。4打差の2位はトニー・フィナウ(米国)。タイガー・ウッズ(米国)は4アンダーで40位だった。(共同)

松山英樹の話「気合で乗り切った。久々にトップ10に入りたい、もっとポイントを稼ぎたいというプレッシャーですごく緊張した。その中で後半は4バーディーを取って終わることができて良かった。頑張った」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、13番でティーショットを放つ松山英樹。通算9アンダーで15位=リッジウッドCC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、後半の出来に手応え「4バーディーを取って終わることができた」/米男子