2018.8.26 05:03(1/2ページ)

有村、真っ暗ラウンドに怒!それでも1差2位死守/国内女子

有村、真っ暗ラウンドに怒!それでも1差2位死守/国内女子

特集:
有村智恵
“暗闇”の中、最終18番で必死にラインを読もうとする有村。ボギーとなりガックリ (撮影・高橋朋彦)

“暗闇”の中、最終18番で必死にラインを読もうとする有村。ボギーとなりガックリ (撮影・高橋朋彦)【拡大】

 ニトリレディス第3日(25日、北海道・小樽CC=6628ヤード、パー72)首位に1打差の2位から出た有村智恵(30)=日本HP=が2バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの75で回り、通算4アンダーで2位を維持した。首位に1打差のままだが、スタート時間が遅れたため日没を過ぎてもプレーが続き、不満を漏らした。8位から出たアン・ソンジュ(30)=韓国=が71をマークし、通算5アンダーで単独首位に立った。

 最後は投光器も投入された。電光のスコアボードも白くして、18番グリーンを照らす。すでに日没時刻を過ぎた午後6時36分。暗い中でホールアウトした有村は、不満を募らせた。

 「(中止の)ホーンが鳴らないかぎり、やり続けないといけない。ちょっと…という感じは残っている」

【続きを読む】

  • 通算4アンダーで2位の有村
  • 9H、ティーショットを放つ有村智恵=北海道・小樽CC(撮影・高橋朋彦)
  • 8H、ショットを放つ有村智恵=北海道・小樽CC(撮影・高橋朋彦)
  • 18Hグリーンで投光機を照らす中、プレーをする有村智恵=北海道・小樽CC(撮影・高橋朋彦)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 有村、真っ暗ラウンドに怒!それでも1差2位死守/国内女子