2018.8.25 05:03(2/2ページ)

奈紗、初の首位発進!絶好調コースレコード「64」/米女子

奈紗、初の首位発進!絶好調コースレコード「64」/米女子

特集:
畑岡奈紗
第1ラウンド、5番でティーショットを放つ野村敏京=ワスカナCC(共同)

第1ラウンド、5番でティーショットを放つ野村敏京=ワスカナCC(共同)【拡大】

 大会初出場だが、畑岡には勢いがあった。5番(パー4)では7・5メートルのパーパットを沈め「17番のボギーは残念だったけど、5番でボギーを打たずに済んだのが大きかった」と自画自賛。前週の「インディ女子インテック選手権」から、5ラウンド連続の60台をたたき出した。

 昨年10月に日本ツアーの会員として臨んだ日米共催「TOTOジャパンクラシック」で初日トップに立っている。しかし、米ツアーメンバーとしては初日首位は初めてだ。今大会で予選通過すれば、今季獲得賞金が100万ドル(約1億1100万円)を突破する。10代での日本女子選手の大台突破は最速となる。

 それでも畑岡の目には、今季2勝目しか見えていない。初優勝を飾った6月の「アーカンソー選手権」は3日間競技だった。「次は4日間大会で勝ちたい」。2日目以降もチャージをかけて頂点まで駆け上がり、真の実力を証明する。

データBOX

 ◎…畑岡の米ツアーでの初日首位は初。昨年10月の日米共催「TOTOジャパンクラシック」で初日トップ(最終的には33位)に立ったが、日本ツアーのメンバーとして参加していた。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 17番で第2打を放つ畑岡。8アンダーのコース記録で首位発進した(共同)
  • 第1ラウンド、12番でティーショットを放つ上原彩子=ワスカナCC(共同)
  • 第1ラウンド、12番でティーショットを放つ横峯さくら=ワスカナCC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗、初の首位発進!絶好調コースレコード「64」/米女子