2018.8.25 05:04(1/3ページ)

ジャンボアカデミー1期生・澤田が恩返しV!/フジサンケイジュニア

ジャンボアカデミー1期生・澤田が恩返しV!/フジサンケイジュニア

優勝者に贈られる「グリーンジャケット」を着た澤田(中央)はバンザイ!! 仲間に胴上げされた (撮影・戸加里真司)

優勝者に贈られる「グリーンジャケット」を着た澤田(中央)はバンザイ!! 仲間に胴上げされた (撮影・戸加里真司)【拡大】

 TOMAS CUP 2018フジサンケイジュニアゴルフ選手権最終日(24日、千葉・ロイヤルスターGC=7034ヤード、パー72)首位に2打差の2位から出た澤田響(ひびき、18)=福井・北陸高3年=が1バーディー、2ボギーの73で回り、通算イーブンパーで初優勝を果たした。ツアー通算94勝を誇る尾崎将司(71)=セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ=が主催する「ジャンボ尾崎アカデミー」の1期生。高校生活で結果が出なかった男が、ジャンボの教えで覚醒した。来年のプロツアー「フジサンケイクラシック」(山梨・富士桜CC)の出場権を手にした。

 手が震えた。外せばプレーオフ、決まれば優勝の1・5メートルのウイニングパット。魂を込めたパーパットが、カップに吸い込まれる。高校生活で初の栄冠だ。

 「(かつて)師匠の名がついていた大会で勝てて本当にうれしい」

 師匠とは、4月から師事する尾崎将司。1988年に始まった大会は、ジュニアゴルフの普及、発展を目的に「ジャンボ尾崎杯フジサンケイジュニアゴルフ選手権」として始まった。名称を変えながら歴史を重ね、今年で31回目。ジュニアゴルフの夏のビッグイベントに成長した大会の生みの親であるジャンボの弟子が、平成最後の大会で輝いた。

 最大瞬間風速10メートルの強風が吹き、多くの選手が苦戦。その中で「運もあった。風に助けられた」と味方にした。6番(パー4)では、左から右OBに向かって強風が吹いたが、風に乗せてフェアウエーをキープ。残り140ヤードからの第2打をピン手前3メートルにつけてバーディーを奪取。「うまく対応できた」と安定したプレーに胸を張った。

【続きを読む】

  • 1988年、出場選手らにゴルフレッスンする尾崎(右)。ジュニアゴルファーの育成に尽力した
  • 「Jumbo」と刻印されたウェッジを手にする優勝した澤田響(北陸高)=千葉県君津市のロイヤルスターゴルフクラブ(撮影・戸加里真司)
  • 澤田のノートにはジャンボさん直筆の「栄光の勝利は地味な忍耐にあり」との言葉
  • 10番ホール、ティーショットを放つ澤田響(北陸高)=千葉県君津市のロイヤルスターゴルフクラブ(撮影・戸加里真司)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. ジャンボアカデミー1期生・澤田が恩返しV!/フジサンケイジュニア