2018.8.24 05:04(1/3ページ)

タイガーの背中追う!丸尾くん、小学生の部初出場V/フジサンケイジュニア

タイガーの背中追う!丸尾くん、小学生の部初出場V/フジサンケイジュニア

特集:
タイガー・ウッズ
小学生の部を制した丸尾。“小学生離れ”した力強いショットで初優勝を果たした(撮影・戸加里真司)

小学生の部を制した丸尾。“小学生離れ”した力強いショットで初優勝を果たした(撮影・戸加里真司)【拡大】

 TOMAS CUP 2018フジサンケイジュニアゴルフ選手権(23日、千葉・ロイヤルスターGC、小学生の部=5522ヤード、パー72、ジュニアオープンの部=7034ヤード、パー72)18ホールで競う小学生の部は丸尾怜央(れお、11)=宮崎南小6年=が4バーディー、4ボギーの72で回り、初出場で優勝を果たした。憧れのゴルファー、タイガー・ウッズ(42)=米国=の背中を追い、将来は海外メジャー「マスターズ」優勝を目標に掲げた。3バーディー、4ボギーの73をマークした清野桜貴(おうき、11)=東京・城山小6年=が2位だった。

 熾烈(しれつ)な争いの頂点に立った。ラフが深く苦戦する選手が多い中、丸尾が堂々の初優勝。あどけない顔に笑みが弾けた。

 「うれしいです。前半終わって2アンダーだったので優勝を狙おうと思って、頑張りました」

 身長1メートル54と大柄ではないが、1Wの平均飛距離は250ヤードを誇る。インスタートの11番(パー5)では、第2打で5Wを振り切り2オン。ピン手前20メートルから2メートルに寄せて初バーディーを奪った。「パッティングが入ってくれた」と前半を終えて2アンダー。2打差をつけて後半に入った。

 パッティングが安定していた前半から一転、ミドルパットが入らなくなった。1番(パー5)こそバーディーを奪ったものの、「優勝を意識して緊張してしまった」とその後は苦戦。3ボギーをたたいたが、粘りを見せ1打差で逃げ切った。

【続きを読む】

  • タイガーならぬレオのヘッドカバーを愛用。将来はゴルフ界の王様に!?
  • 記念撮影におさまる(前列左から)3位タイの小林イリス、2位の清野桜貴、優勝の丸尾怜央、3位タイの渋井晃太郎ら小学生参加選手=千葉県君津市のロイヤルスターゴルフクラブ(撮影・戸加里真司)
  • タイガー・ウッズ(AP)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. タイガーの背中追う!丸尾くん、小学生の部初出場V/フジサンケイジュニア