2018.8.24 05:03(1/3ページ)

田村将人、368ヤードでドラコン王!「狙っていたのでうれしい」/フジサンケイジュニア

田村将人、368ヤードでドラコン王!「狙っていたのでうれしい」/フジサンケイジュニア

“ドラコン王”に輝いた田村(手前)。会心のショットに思わず雄たけびを上げた(撮影・戸加里真司)

“ドラコン王”に輝いた田村(手前)。会心のショットに思わず雄たけびを上げた(撮影・戸加里真司)【拡大】

 TOMAS CUP 2018フジサンケイジュニアゴルフ選手権(23日、千葉・ロイヤルスターGC、小学生の部=5522ヤード、パー72、ジュニアオープンの部=7034ヤード、パー72)有言実行の新王者だ。「ジュニアドラコン日本一決定戦」で、田村将人(18)=クラーク記念国際高3年=が368ヤードを記録して優勝した。ジュニアオープンの部では小林龍生(16)=千葉学芸高2年=が5バーディー、2ボギーの3アンダー69をマークして、首位発進した。

 木々を揺らす風の向きがめまぐるしく変わる1番ホール。田村が会心のショットで人生初のドラコン王者に輝いた。

 「大会前から狙っていたのでうれしい。きょうは風を味方につけた」

 昨年11月にゴルフに専念するため、日体大荏原高から通信制のクラーク記念国際高へ。父親の知人のつてで、今大会のコースに隣接するロッジに住み込んでアルバイトしながら練習に励んで丸1年。いわば“ホームコース”だ。夜中に1番ホールのティーグラウンドで大の字に寝転ぶこともある。「空を見ると星がすごくきれい。その1番で取れたので、なおさら」と喜んだ。

 小6から成田美寿々や川岸史果らトッププロを指導する井上透コーチに師事。「ぶれずに飛ばす方法を、日々研究している。(ボールを打つ前後の)ゾーンを長くして、まっすぐ曲がらずに飛ぶようになった」。

 中2の時に米軍のキャンプ座間GCの2番(263ヤード)のパー4で、なんと1Wでホールインワンを達成。全米プロゴル協会(PGA)から表彰された。18歳の飛ばし屋に、勲章がまたひとつ加わった。 (清野邦彦)

【続きを読む】

  • BRIDGESTONEGOLF(ブリヂストンゴルフ)の「TOURBX」
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 田村将人、368ヤードでドラコン王!「狙っていたのでうれしい」/フジサンケイジュニア