2018.8.24 05:02(2/3ページ)

池田勇太の後輩・小林龍、ただ一人の60台で首位/フジサンケイジュニア

池田勇太の後輩・小林龍、ただ一人の60台で首位/フジサンケイジュニア

2位の寺辻真生

2位の寺辻真生【拡大】

2位の寺辻真生(まお、埼玉・正智深谷高2年)「パットが今ひとつだった。もっとバーディーがとれた。優勝は意識せずに、ラウンドしたい」

2位の長野京介(群馬・共愛学園高3年)「11番(パー5)でイーグルを取れそうだったが、2オン3パットでパー。取りこぼしが多かった」

5位の田中章太郎(日本ウェルネス高2年)「自分の中では10点。大事なパットを決めきれなかった。2メートル前後のパットをしっかり決めたい」

6位の小林拳史郎(西武台千葉高1年)「(7番ダブルボギー、9番ボギーと)上がり3ホールで3つスコアを落として、もったいなかった。変なミスを少なくすればスコアは出る」

7位の金田卓己(千葉・拓大紅陵高2年)「パッティングのミスが多かった。(最終日は)ベストに近いスコアを出したい」

4年ぶり3度目出場で7位発進の川崎智洋(湘南工大付高2年)「1ピン、2ピンぐらいのパットが入らず、リズムに乗れなかった」

10位の村尾優一(埼玉栄高2年)「ドライバーショットが曲がった。(ダブルボギーとした)8番で流れが悪くなった」

10位発進となった昨年2位の細谷朋生(千葉学芸高3年)「まったく満足できない。パットは良くなってきているので、ゼロ(イーブンパー)まで戻したい」

【続きを読む】

  • 初日首位にたった小林龍生
  • 2位の長野京介
  • 丸富産業から参加選手に提供された「阿蘇のメイスイ」
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 池田勇太の後輩・小林龍、ただ一人の60台で首位/フジサンケイジュニア