2018.8.24 05:02(1/3ページ)

池田勇太の後輩・小林龍、ただ一人の60台で首位/フジサンケイジュニア

池田勇太の後輩・小林龍、ただ一人の60台で首位/フジサンケイジュニア

初日首位にたった小林龍生

初日首位にたった小林龍生【拡大】

 TOMAS CUP 2018フジサンケイジュニアゴルフ選手権(23日、千葉・ロイヤルスターGC、小学生の部=5522ヤード、パー72、ジュニアオープンの部=7034ヤード、パー72)ジュニアオープンの部では小林龍生(16)=千葉学芸高2年=が5バーディー、2ボギーの3アンダー69をマークして、首位発進した。

 小林龍は、ただ一人の60台で好スタート。昨年大会18位の雪辱に燃える。

 「ショットはよくなかったが、パッティングをうまく寄せられた」

 インスタートの10番(パー4)でボギースタートだったが、11番(パー5)でバーディー。12番(パー4)では、ピン左7メートルのロングパットを沈めて勢いに乗った。

 千葉県旭市出身。電車で1時間ほどの千葉学芸高へ通い、同ゴルフ部で腕を磨く。同部出身者には2001年大会の覇者でツアー通算19勝の池田勇太(32)がいる。面識はないが、「憧れの先輩」だ。初優勝を果たして、賞金王の背中を追う。 (阿部慎)

【続きを読む】

  • 2位の寺辻真生
  • 2位の長野京介
  • 丸富産業から参加選手に提供された「阿蘇のメイスイ」
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 池田勇太の後輩・小林龍、ただ一人の60台で首位/フジサンケイジュニア