2018.8.23 19:20

2位青木、巧みなショット「球を曲げる練習が好きなのでそれが生きた」/国内女子

2位青木、巧みなショット「球を曲げる練習が好きなのでそれが生きた」/国内女子

11H、ティーショットを放つ青木瀬令奈=小樽CC(撮影・高橋朋彦)

11H、ティーショットを放つ青木瀬令奈=小樽CC(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 ニトリレディス第1日(23日、北海道・小樽CC=6628ヤード、パー72)22歳で未勝利の三ケ島かなが5バーディー、ボギーなしの67をマークし単独首位に立った。1打差の2位は青木瀬令奈、さらに1打差の3位で有村智恵、武尾咲希、宮田成華、黄アルム(韓国)が追う。

 ツアー2勝目を狙う青木が、巧みなショットで流れを変えた。

 ボギー先行で迎えた前半の14番(パー4)。左ラフからの第2打は前の木が邪魔になる位置からだったが、ウエッジで「インテンショナル(意図的な)フックをかけて」見事にグリーンを捉え、7メートルを入れてバーディー。その後4バーディーを加え、2位発進とした。

 「14番はうまくいった。球を曲げる練習が好きなので、それが生きた」と自賛する25歳。「このコースはいいイメージが出る。最終日まで伸ばしていきたい」と張り切っていた。

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 2位青木、巧みなショット「球を曲げる練習が好きなのでそれが生きた」/国内女子