2018.8.21 05:02

松山「明るい兆し」11位 ポイント76位でプレーオフへ/米男子

松山「明るい兆し」11位 ポイント76位でプレーオフへ/米男子

特集:
松山英樹
最終ラウンド、通算14アンダーで11位の松山英樹=セッジフィールドCC(共同)

最終ラウンド、通算14アンダーで11位の松山英樹=セッジフィールドCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフ・ウィンダム選手権最終日(19日、米ノースカロライナ州グリーンズボロ、セッジフィールドCC=7127ヤード、パー70)松山英樹(26)=LEXUS=は通算14アンダーの11位で終えた。ブラント・スネデカー(37)=米国=が通算21アンダーでツアー通算9勝目。米ツアーはレギュラーシーズンが終了し、獲得ポイントで松山は76位で来季シードを獲得。年間総合優勝を争うプレーオフ(PO、4試合)の初戦に進んだ。

 不調が続いていた松山が、レギュラーシーズン最終戦で底力を示した。前日は64、この日は65と2日連続の好スコア。4日間60台で回ったのは今季初となった。

 「ずっと悪かったショットが徐々に良くなり始めた。明るい兆しが見えてきた」

 次週の「ノーザントラスト」(23-26日、米ニュージャージー州)からPOがスタート。松山は昨季1位でPOに突入して総合8位だった。今季は76位と低迷。PO第2戦は100人、第3戦は70人と出場選手が徐々に絞られるため、まずは第3戦進出が目標となる。

 POはポイントがレギュラーシーズンの4倍で、大きく年間順位を上げるチャンスもある。「プレーオフ開幕までに不安をなくせるように頑張りたい」と巻き返しを誓った。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 米男子ゴルフ・プレーオフ日程
  • 最終ラウンド、12番でアプローチショットを放つ松山英樹。通算14アンダーで11位=セッジフィールドCC(共同)
  • 最終ラウンド、18番でティーショットを放つ松山英樹。通算14アンダーで11位=セッジフィールドCC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山「明るい兆し」11位 ポイント76位でプレーオフへ/米男子