2018.8.18 11:52

奈紗、後半苦しむも「最後にバーディーで終われてよかった」/米女子

奈紗、後半苦しむも「最後にバーディーで終われてよかった」/米女子

特集:
畑岡奈紗
第2ラウンド、1番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ブリックヤードクロッシングGC(共同)

第2ラウンド、1番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ブリックヤードクロッシングGC(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのインディ女子インテック選手権は17日、インディアナ州インディアナポリスのブリックヤードクロッシングGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、雨による中断で多くの選手が競技を終えられずサスペンデッドになった。畑岡奈紗は5バーディー、2ボギーの69で終え通算11アンダー、133で暫定3位。

 前半に4バーディーと順調にスコアを伸ばした畑岡は、後半に2ボギーと苦しんだ。それでも、18番は1メートルを沈め「後半は納得のいく内容ではなかったが、最後にバーディーで終われてよかった」と、暫定3位につけたラウンドを振り返った。

 ショットに安定感があり、大きく崩れずに持ちこたえた。「まだ半分が終わったばかり。あと2日、集中したい。追いかける方が、より攻めていけるので気持ちの上では楽」と話した。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第2ラウンド、18番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える畑岡奈紗=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗、後半苦しむも「最後にバーディーで終われてよかった」/米女子