2018.8.18 05:00

奈紗、2差2位スタート!会心ボギーなし8バーディー/米女子

奈紗、2差2位スタート!会心ボギーなし8バーディー/米女子

特集:
畑岡奈紗
10番でバーディーを決め、喜ぶ畑岡。米ツアー2勝目に向け好発進した (共同)

10番でバーディーを決め、喜ぶ畑岡。米ツアー2勝目に向け好発進した (共同)【拡大】

 インディ女子インテック選手権第1日(16日、インディアナ州インディアナポリス・ブリックヤードクロッシングGC、6456ヤード=パー72)ツアー1勝の畑岡奈紗(19)=森ビル=が8バーディー、ボギーなしの8アンダー64をマークし、首位と2打差の2位と好発進した。横峯さくら(32)=エプソン=は4アンダー68で22位、野村敏京(25)=フリー=は72で100位。62で回ったリゼット・サラス(29)=米国=が単独首位。エンゼル・イン(19)=米国=が畑岡と並んで2位で続いている。

 畑岡が米ツアー2勝目へ好スタート。「ノーボギーは良かった。特にパッティングがよく入ってくれた」とうなずいた。出だしの10番(パー5)から2連続バーディーで波に乗った。16番はティーショットを右のラフへ打ち込むと、第2打は木に当たって残り約30ヤード。それでも第3打を1・5メートルにつけてパーで切り抜け「すごく大きかったと思う」と一息。「アイアンとパットで攻めていきたい」と力を込めた。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、14番でティーショットを放つ畑岡奈紗。8アンダーで2位=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でアプローチショットを放つ畑岡奈紗。8アンダーで2位=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
  • 第1ラウンド、14番でティーショットを放つ野村敏京=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
  • 第1ラウンド、6番でティーショットを放つ横峯さくら=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
  • 第1ラウンド、5番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える横峯さくら=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗、2差2位スタート!会心ボギーなし8バーディー/米女子