2018.8.17 15:39

奈紗、好スタート ボギーなし64「特にパットがよく入ってくれた」/米女子

奈紗、好スタート ボギーなし64「特にパットがよく入ってくれた」/米女子

特集:
畑岡奈紗
第1ラウンド、10番でバーディーを決め喜ぶ畑岡奈紗。8アンダーで2位=ブリックヤードクロッシングGC(共同)

第1ラウンド、10番でバーディーを決め喜ぶ畑岡奈紗。8アンダーで2位=ブリックヤードクロッシングGC(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのインディ女子インテック選手権は16日、インディアナ州インディアナポリスのブリックヤードクロッシングGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、19歳の畑岡奈紗はボギーなしの8バーディーで64をマークし、首位と2打差の2位で好発進した。

 出だしから2連続バーディーを奪い、後半は5番から3連続バーディー。快調に伸ばした畑岡は「ノーボギーはすごく良かった。特にパットがよく入ってくれた」と頬を緩めた。

 6月に優勝を飾るなど調子を上げて夏を迎えたが失速。8月初めの全英リコー女子オープンは予選落ちに終わり、悔しさを胸にショットを修正した。この日はフェアウエー、グリーンとも2度しか外さず、チャンスを強気なパットで生かした。

 54ホールで争われた昨年大会の優勝スコアは19アンダー。今年も伸ばし合いの様相で「ティーショットだけまだちょっと心配な部分がある。タイミングが合わないと右も左も両方出た。気をつけたい」と気を引き締めた。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、14番でティーショットを放つ畑岡奈紗。8アンダーで2位=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でアプローチショットを放つ畑岡奈紗。8アンダーで2位=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗、好スタート ボギーなし64「特にパットがよく入ってくれた」/米女子