2018.8.14 05:01(1/2ページ)

ケプカ“全米2冠” 米ツアー100試合目で5人目快挙/全米プロ

ケプカ“全米2冠” 米ツアー100試合目で5人目快挙/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
カップを掲げるケプカ。メジャー通算3勝目に笑みを浮かべた (共同)

カップを掲げるケプカ。メジャー通算3勝目に笑みを浮かべた (共同)【拡大】

 全米プロ選手権最終日(12日=日本時間13日、米ミズーリ州セントルイス、ベルリーブCC、7316ヤード、パー70)首位から出たブルックス・ケプカ(28)=米国=が6バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算16アンダーで初優勝した。2連覇した6月の「全米オープン」に続くメジャー通算3勝目で、米ツアー4勝目。松山英樹(26)=LEXUS=は66で回り、通算4アンダーで35位だった。

 ウッズの猛追を振り切り、最後は余裕のタップイン。ケプカが米ツアー自身100試合目で、記念すべき100回大会の頂点に輝いた。

 「後半は大歓声が聞こえ、タイガー(ウッズ)が伸ばしているのが分かったが、集中してプレーできた」

 1番(パー4)で第2打を2メートルにつけてバーディー発進。4番から2連続ボギーとしても慌てなかった。7番からの3連続バーディーで勢いを取り戻すと、15番からの2連続バーディーで勝利を決定づけた。

 左手首のけがで「今年の初めはプレーできるかどうかも分からない状態だった」という。4月の「マスターズ」を欠場しながらも、6月の「全米オープン」で29年ぶり7人目の連覇を達成した。

【続きを読む】

  • 2連覇した6月の全米オープン選手権に続くメジャー通算3勝目を果たしたブルックス・ケプカ=ベルリーブCC(共同)
  • 最終ラウンド、18番でバンカーショットを放つ小平智。通算イーブンパーの59位に終わった=ベルリーブCC(共同)
  • 最終ラウンド、通算イーブンパーの59位に終わった小平智=ベルリーブCC(共同)
  • 最終ラウンド、17番でバンカーショットを放つ池田勇太。通算1オーバーで65位に終わった=ベルリーブCC(共同)
  • 最終ラウンド、通算13アンダーで3位のアダム・スコット=ベルリーブCC(共同)
  • 最終ラウンド、通算1オーバーで65位に終わった池田勇太=ベルリーブCC(共同)
  • ケプカ・メジャー全成績
  • 全米プロ選手権・最近10年の優勝者
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. ケプカ“全米2冠” 米ツアー100試合目で5人目快挙/全米プロ