2018.8.13 14:00

松山英樹は不振脱出の兆し「フェデックスランキングで30位に入れるように」/全米プロ

松山英樹は不振脱出の兆し「フェデックスランキングで30位に入れるように」/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
松山英樹
今季メジャー最終戦で35位だった松山英樹

今季メジャー最終戦で35位だった松山英樹【拡大】

 男子ゴルフの海外メジャー今季最終戦「全米プロ選手権」は12日、米ミズーリ州セントルイスのベルリーブCC(7316ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、63位から出た松山英樹(26)=LEXUS=は1イーグル、6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの66で回り、通算4アンダーで35位だった。

 「(パットが)昨日まで入らなかったので、気持ちの問題だけど、そこを直したのがよかった」

 4番パー4をダブルボギーとしたが、5番から2連続バーディー。前方のティーグラウンドを使用した294ヤードの11番パー4では1Wで1オンし、6メートルのイーグルパットを沈めた。第3ラウンドは平均パット1・78とグリーン上で苦しんだが、この日は同1・5でチャンスをものにした。

 今季メジャーは「全米オープン」の16位が最高で1試合も優勝争いに絡めなかった。「こんなところで回っていたくない。悔しい」。悲願は来季に持ち越し。それでも、まだ大事な戦いが残っている。次週16日開幕の「ウィンダム選手権」に出場し、その後はプレーオフ4試合が待つ。

 「きっかけみたいなものはある。フェデックスランキングで30位に入れるようにしたい」

 フェデックスランキング87位の松山は、9月20日開幕の最終戦「ツアー選手権」に出場できる同30位が当面の目標。不振脱出の兆しは見えた。あとは確信に変えていく。

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山英樹は不振脱出の兆し「フェデックスランキングで30位に入れるように」/全米プロ