2018.8.13 09:40

松山「66」締め、イーグル奪取も「徐々に良くなっていけば」/全米プロ

松山「66」締め、イーグル奪取も「徐々に良くなっていけば」/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
松山英樹
最終ラウンド、4番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算4アンダーで35位に終わった=ベルリーブCC(共同)

最終ラウンド、4番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算4アンダーで35位に終わった=ベルリーブCC(共同)【拡大】

 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は12日、セントルイスのベルリーブCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、第3日に63位へ後退した松山英樹は1イーグル、6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの66で通算4アンダーの35位となった。

 松山はただでは終わらなかった。スコアを四つ伸ばし「少なからずいいところもあった」と前向きに振り返った。355ヤードの11番(パー4)で1オンに成功し、6メートルのパットを沈めてイーグル。18番(パー4)は2打目をピンそば約1メートルにつけ、連続バーディーで4日間を締めくくった。

 昨年は優勝争いをした舞台で、最終日は午前8時半すぎから8組目でラウンド。「やっぱり今ぐらい(午後)の時間にスタートしたいし、それが今できないっていうのはすごい悔しい」というのが本音だろう。見せ場の少ないまま今年のメジャーが終わり「徐々に良くなっていけばいい」と巻き返しに目を向けた。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、通算4アンダーで35位に終わった松山英樹=ベルリーブCC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山「66」締め、イーグル奪取も「徐々に良くなっていけば」/全米プロ