2018.8.13 05:02(1/2ページ)

ウッズ、V争い4差6位!66で通算8アンダー「気分がいい」/全米プロ

ウッズ、V争い4差6位!66で通算8アンダー「気分がいい」/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
タイガー・ウッズ
首位に4打差で最終日を迎えるウッズ。7月の「全英オープン」に続くメジャーでの優勝争いで、ファンを熱狂させる (AP)

首位に4打差で最終日を迎えるウッズ。7月の「全英オープン」に続くメジャーでの優勝争いで、ファンを熱狂させる (AP)【拡大】

 全米プロ選手権第3日(11日=日本時間12日、米ミズーリ州セントルイス、ベルリーブCC、7316ヤード、パー70)荒天でサスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の残りと第3Rが行われた。第3Rで19位から出たタイガー・ウッズ(42)=米国=は5バーディー、1ボギーの66をマークし、通算8アンダーで6位に浮上した。松山英樹(26)=LEXUS=は73と落とし、通算イーブンパーの63位。ブルックス・ケプカ(28)=米国=が通算12アンダーで単独首位に立った。

 完全復活のメジャー15勝目へ、ウッズが第3Rで“タイガーチャージ”をかけた。

 「全体的にうまくいったね。気分がいい。いいラウンドだったと思う」

 1番(パー4)で5メートルのバーディーパットを沈めてガッツポーズ。4番(パー4)を終えると、紺色のウエアに着替えリフレッシュ。6番(パー3)からの3連続バーディーでギャラリーをさらに沸かせた。

 サスペンデッドで持ち越しとなった第2Rの11ホールと合わせ29ホールの長丁場。「疲れたよ。長い一日だった」と言いながらも、首位には4打差。好位置につけ百戦錬磨の男はニンマリだ。

【続きを読む】

  • 第3ラウンド、通算8アンダーで6位のタイガー・ウッズ=ベルリーブCC(共同)
  • 第3ラウンド、16番グリーンで笑顔を見せるタイガー・ウッズ。通算8アンダーで6位=ベルリーブCC(共同)
  • 63位に後退した松山英樹
  • 第3ラウンド、5番でパットを放つ松山英樹。通算イーブンパーで63位=ベルリーブCC(共同)
  • 第3ラウンド、5番でラインを読む松山英樹。通算イーブンパーで63位=ベルリーブCC(共同)
  • 第3ラウンド、3番でパーをセーブした池田勇太。通算2アンダーで45位=ベルリーブCC(共同)
  • 第3ラウンド、通算2アンダーで45位の小平智=ベルリーブCC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. ウッズ、V争い4差6位!66で通算8アンダー「気分がいい」/全米プロ