2018.8.11 14:00

暫定23位の松山英樹は7番から2連続バーディー 残り8ホールを翌日持ち越し/全米プロ

暫定23位の松山英樹は7番から2連続バーディー 残り8ホールを翌日持ち越し/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
松山英樹
2番のフェアウエーを歩く松山英樹(右)と杉沢伸章キャディー(中央)

2番のフェアウエーを歩く松山英樹(右)と杉沢伸章キャディー(中央)【拡大】

 男子ゴルフの海外メジャー今季最終戦「全米プロ選手権」は10日、米ミズーリ州セントルイスのベルリーブCC(7316ヤード、パー70)での第2ラウンドが雷雨で中断し、78人が競技を完了できず日没サスペンデッドとなった。16位から出た松山英樹(26)=LEXUS=は10番までプレーし、通算3アンダーの暫定23位で残り8ホールを翌日に持ち越した。

 3番パー3で1・5メートルにつけてバーディーも、6番パー3で第1打をグリーン左奥のラフに曲げると、アプローチはピンを10メートルオーバー。初日からボギーなしのプレーを続けてきたが、24ホール目で今大会初めてスコアを落とした。それでも、7番から2連続バーディーを奪った。杉沢伸章キャディー(43)とのコンビは今回で3試合目。息の合ったプレーを見せている。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 2番でティーショットを放つ松山英樹
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 暫定23位の松山英樹は7番から2連続バーディー 残り8ホールを翌日持ち越し/全米プロ