2018.8.11 19:16

連戦の勝、7位に浮上「かみ合えば爆発的なスコアを出せる」/国内女子

連戦の勝、7位に浮上「かみ合えば爆発的なスコアを出せる」/国内女子

 NEC軽井沢72第2日(11日、長野県軽井沢72=6655ヤード、パー72)黄アルムが67で回って通算14アンダー、130で首位を守り、申ジエ(ともに韓国)が6打差の2位につけた。前週優勝の福田真未は勝みなみ、小祝さくら、大山志保らと通算6アンダーの7位に並んだ。

 20歳の勝が68で回り、27位から7位に上がった。3番で10メートル、12番と18番でともに7メートルを入れるなど5バーディー(1ボギー)を奪い「ロングパットは理想的。自信をもって打てている」と自賛した。

 今季は開幕戦から休みなく23試合に出場し、次戦を初の休みとする予定だ。シーズンの一つの区切りとなる最終日。「かみ合えば爆発的なスコアを出せる。まだ(逆転の)可能性はある。いかに“ゾーン”に入れるか」とプロ転向後初優勝へ意欲を燃やした。

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 連戦の勝、7位に浮上「かみ合えば爆発的なスコアを出せる」/国内女子