2018.8.10 05:02

17番3メートル沈めた!松山、10H終え2アンダー/全米プロ

17番3メートル沈めた!松山、10H終え2アンダー/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
松山英樹
海外メジャーの今季最終戦に臨む松山。復活なるか(AP)

海外メジャーの今季最終戦に臨む松山。復活なるか(AP)【拡大】

 全米プロ選手権第1日(9日、米ミズーリ州セントルイス、ベルリーブCC、7316ヤード、パー70)今季メジャー最終戦が開幕した。世界ランキング16位の松山英樹(26)=LEXUS=はインから出て、10ホールを終えて2アンダー。開幕前日の8日は、インの9ホールで最終調整した。日本勢は松山をはじめ小平智(28)=Admiral=ら6人が出場する。

 黒のパンツに青のウエア姿の松山は、インからスタート。2ホール目の11番(パー4)では、ティーショットを右バンカーに入れて第2打は出すだけ。早々にピンチを迎えたが、4メートルのパーパットを見事に読み切った。

 我慢が続いた後の17番(パー5)では、ピン手前3メートルを沈め初バーディー。10ホールを終え、2アンダーで滑り出した。

 「結果を出したい気持ちはあるけど、ここまで悪いとすぐによくなると思わない。きっかけでも見つけられれば」。前日8日にこう語った松山は、不安を抱えたままの開幕だ。先月の「スコットランドオープン」「全英オープン」で2戦連続予選落ち。大会連覇を狙った前週の「ブリヂストン招待」は39位だった。

 今大会は2年前に4位、昨年は5位。今年は米ツアー公式サイトが発表した優勝予想番付「パワーランキング」でトップ20から外れ、海外メジャーでは8試合ぶりに“圏外”。プレッシャーから解放された松山が爆発のときを迎える。(白石大地)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹=ベルリーブCC(共同)
  • 練習ラウンドで最終調整する宮里優作(左)と松山英樹=ベルリーブCC(共同)
  • 練習ラウンドで最終調整する松山英樹=ベルリーブCC(共同)
  • 練習ラウンドで最終調整する松山英樹=ベルリーブCC(共同)
  • アダム・スコット(右から2人目)らと練習ラウンドを行った松山英樹
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 17番3メートル沈めた!松山、10H終え2アンダー/全米プロ