2018.8.6 05:03(1/3ページ)

3差4位スタートの比嘉、最終日10H終え通算8アンダー/米女子

3差4位スタートの比嘉、最終日10H終え通算8アンダー/米女子

第3日の4番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする比嘉。「マミコ・ヒガ」が海外でもメジャーな存在に (共同)

第3日の4番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする比嘉。「マミコ・ヒガ」が海外でもメジャーな存在に (共同)【拡大】

 全英リコー女子オープン最終日(5日、英国リザムセントアンズ・ロイヤルリザム&セントアンズGC=6585ヤード、パー72)最終ラウンド(R)がスタート。首位に3打差の4位から出た比嘉真美子(24)=TOYO TIRES=は10ホールを終えた時点でスコアを2つ落とし、通算8アンダー。1977年の樋口久子以来41年ぶりとなる日本選手2人目の海外メジャー制覇へ、首位を追った。岡山絵里(22)=ニトリ=は通算4オーバーでホールアウト。第3R時点でポルナノン・パットラム(28)=タイ=が通算13アンダーで首位。

 首位と3打差以内に6人がひしめく大混戦。優勝戦線に踏みとどまった比嘉は最終日の前半、4日間で初めてといってもいい“リンクスの罠”にはまった。

 「トップと3打差だが、まだまだチャンスはある」

 41年ぶりの歴史的快挙へ向け、最終組の2組前でスタート。風が強く吹いた3番(パー4)で第2打がグリーン左にこぼれてラフへ。寄せきれずに2パットでボギーが先行した。その後はパーを拾ってしのぎ、6番(パー5)で2オン2パットのバーディーでスコアを戻した。

 コース攻略の鍵は「第2打をバンカーに入れないこと」と話していたが、7番(パー5)でつかまった。UTでの残り約280ヤードの第2打が、垂直の壁で知られるポットバンカーへ。第3打も跳ね返って隣のバンカーに。4オン2パットのボギーで後退した。前日までとは一転してグリーンが硬く、転がりが速いコースとの戦い。最終組の2人がマッチプレーの様相でスコアを伸ばし合うなか、必死に追った。

【続きを読む】

  • 比嘉真美子・日本ツアー年度別成績
  • 比嘉真美子・今季成績
  • 女子ゴルフ・賞金ランク上位(8月5日現在)
  • 比嘉、岡山
  • 1番でティーショットを放つ比嘉真美子=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 1番でパットの行方を見詰める比嘉真美子=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 最終ラウンド、2番でバンカーショットを放つ岡山絵里=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 第3ラウンド、通算10アンダーでホールアウトした比嘉真美子。4位となった=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 18番でバンカーショットを放つ比嘉真美子。通算10アンダーで4位=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 4番でバーディーパットを決めた比嘉真美子。通算10アンダーで4位=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 16番でティーショットを放つポルナノン・パットラム。通算13アンダーで首位=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 3差4位スタートの比嘉、最終日10H終え通算8アンダー/米女子