2018.8.3 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】家族の支えが大きいゴルフ海外組

【乾坤一筆】

家族の支えが大きいゴルフ海外組

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆

 ゴルフの海外女子メジャー第4戦「全英リコー女子オープン」が2日に開幕。日本勢には1977年の樋口久子以来、41年ぶりとなるメジャー制覇の期待がかかる。

 米ツアー1年目の昨季は郷に入っては郷に従えと、祖母に差し入れてもらったしょうゆさえ口にしなかった畑岡奈紗(19)=森ビル。今年は4月から母・博美さん(48)に食事を中心としたサポートを受けたこともあって、6月にツアー初優勝、7月のメジャー第3戦「全米女子プロ選手権」でプレーオフの末に2位となった。

 海外で戦う上で家族の支えは大きい。3年ぶり3度目の全英出場となる成田美寿々(25)=オンワードHD=の父・俊弘さん(63)は、元世界ランキング1位で昨年現役を退いた宮里藍さんの母から「私はメジャーだけは必ず行ってあげるんです」と聞き、理由を尋ねたという。

 「食事が大変だからだと思ったら、『会話することが重要なんです』といわれた。それがずっと印象に残っている」

 その助言を参考に、俊弘さんは現地に一軒家を借り、家族が会話できるストレスフリーの環境をつくってバックアップする。ちなみに、藍さんは2009年に今大会のコース、ロイヤルリザム&セントアンズGCで3位に入っている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 【乾坤一筆】家族の支えが大きいゴルフ海外組