2018.8.3 05:01

奈紗、3連続ボギーで出遅れ3オーバー発進/米女子

奈紗、3連続ボギーで出遅れ3オーバー発進/米女子

特集:
畑岡奈紗
1番でバンカーにつかまった畑岡。難しいリンクスコースに苦戦した (共同)

1番でバンカーにつかまった畑岡。難しいリンクスコースに苦戦した (共同)【拡大】

 全英リコー女子オープン第1日(2日、英国リザムセントアンズ・ロイヤルリザム&セントアンズGC=6585ヤード、パー72)世界ランキング14位で大会初出場の畑岡奈紗(19)=森ビル=は1番から3連続ボギーなどで2バーディー、5ボギーの3オーバー75。横峯さくら(32)=エプソン=は5オーバー77、上原彩子(34)=モスバーガー=は4オーバー76だった。3度目出場の比嘉真美子(24)=TOYO TIRES=は13番を終了して5アンダー、初出場の岡山絵里(22)=ニトリ=は14ホールを終えてイーブンパー。日本勢は6人が出場している。

 想定外の出遅れだ。畑岡がスタート1番(パー3)の第1打をグリーン左手前バンカーに打ち込み2、3番もティーショットを曲げて3連続ボギー。流れを最後まで取り戻せず、ほろ苦い全英デビューとなった。「自分でも考えていなかったスタート。初日でオーバーとは思っていなかった」とショックを隠しきれなかった。気持ちを切り替えて第2日にチャージをかける。

1番(パー3)のトリプルボギーが響き4オーバー76の上原彩子「いきなりトリプルボギーとつまずいてしまった。流れをつくるパットが入らなかった」

5オーバー77だった横峯さくら「バタバタしてしまった。風も分かりにくく、ショットが全然うまくいかなかった。13番(パー4)のダブルボギーが痛かった」

ロイヤルリザム&セントアンズGC

 1886年開場。英国西北部ランカシャーのアイリッシュ海に面したリンクスコース。9年ぶり5度目の開催で、アウトコースの大半が鉄道の線路に沿っている。バンカーは174個あり、ラフも深い難コース。男子の全英オープンは11度開催する。2009年大会では宮里藍が3位に入った。今年は日本勢が6人参戦。前年覇者は金寅敬(韓国)。

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗、3連続ボギーで出遅れ3オーバー発進/米女子