2018.7.29 05:02

奈紗「セカンドの距離感うまく合った」29位→13位、8打差も上昇気流!/米女子

奈紗「セカンドの距離感うまく合った」29位→13位、8打差も上昇気流!/米女子

特集:
畑岡奈紗
13位に浮上した畑岡。首位に8打差も諦めずに優勝を狙う (共同)

13位に浮上した畑岡。首位に8打差も諦めずに優勝を狙う (共同)【拡大】

 米女子ゴルフ・スコットランド女子オープン第2日(27日、英国・ガレーン、ガレーンGC=6480ヤード、パー71)29位から出た畑岡奈紗(19)=森ビル=は1イーグル、4バーディー、2ボギーの67と伸ばし、通算5アンダーで首位に8打差の13位に浮上した。宮里美香(28)=NTTぷらら=は通算3アンダーで17位、上原彩子(34)=モスバーガー=は通算2オーバーで予選落ち。ティファニー・ジョー(31)=米国=が通算13アンダーで首位を守った。

 本格的なリンクスに初挑戦の畑岡が67と伸ばし、首位とは8打差ながら13位に浮上した。

 「セカンドの距離感がうまく合った。良いプレーだった」

 9番(パー4)で第2打を30センチにつけると「やっと自分らしいショットが打てた。あれで良い波に乗れた」。後半は11番(パー5)でイーグル、12番(パー3)はチップインバーディーで好スコアにつなげた。

 リンクス攻略のためグリーンを狙うショットの落としどころを調整し、それが奏功。強風が吹かず上位のスコアも伸びているが「自分もどんどん伸ばし、そこに入りたい」と19歳は自信をみせた。

上原彩子 「良いプレーもあるのに、なかなかかみ合わない。バーディーチャンスはあったのに取れなかった」

宮里美香 「久しぶりに3アンダーで回れたのでうれしい。予選通過できたのはほっとしている。リンクスコースは本当に好きで、自分のゴルフができた。もうちょっと風が吹いてほしい」

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗「セカンドの距離感うまく合った」29位→13位、8打差も上昇気流!/米女子