2018.7.27 20:23

予選落ちのイ・ボミ「結構休んできたから緊張したが楽しかった」/国内女子

予選落ちのイ・ボミ「結構休んできたから緊張したが楽しかった」/国内女子

特集:
イ・ボミ
予選落ちしたイ・ボミ=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)

予選落ちしたイ・ボミ=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 大東建託・いい部屋ネットレディス第2日(27日、山梨・鳴沢GC=6685ヤード、パー72)ツアー2勝目を狙う黄アルム(韓国)が67をマークし、通算12アンダーの132で単独首位を守った。2打差の2位に68で回った17歳のアマチュア、安田祐香(兵庫・滝川二高)がつけた。

 66を出した17歳のアマチュア、西村優菜(大阪・大商大高)、上田桃子、小祝さくら、比嘉真美子ら5人が通算4アンダーの7位。3オーバーまでの62人が決勝に進み、イ・ボミ(韓国)は4オーバーで予選落ちした。(出場118選手=アマ7、晴れ、気温24・5度、東南東の風3・7メートル、観衆2714人)

黄アルム(67を出して単独首位を守り)「パットがよくて安心して打てている。順位よりも、満足のゴルフができるように頑張りたい」

イ・ボミ(6試合ぶりの出場も予選落ち)「結構休んできたから緊張したが、楽しかった。来週も出場するし、自信を持って頑張りたい」

比嘉真美子(73と伸ばせず7位)「いい流れが来なくて凡ミスのボギーもあったりと、うまくいかない一日だった。調子自体は悪くない」

上田桃子(2バーディー、1ボギー)「もう少しバーディーチャンスが多ければよかった。課題はショットの安定感」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 予選落ちしたイ・ボミ=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 9H、ティーショットを放つ安田祐香=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • ショットを放つアマチュアの安田祐香=鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 9H、ティーショットを放つ安田祐香=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 7H、ティーショットを放つ安田祐香=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 6Hでバーディーを決めた安田祐香=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 9H、ティーショットを放つ安田祐香=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 第2日、通算12アンダーで首位の黄アルム=鳴沢GC
  • 9H、ショットを放つ西村優菜=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 9H、バーディーパットを決めた西村優菜=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 笑顔でホールアウトした西村優菜=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 9H、パーパットを外す比嘉真美子=山梨・鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 予選落ちのイ・ボミ「結構休んできたから緊張したが楽しかった」/国内女子