2018.7.27 05:03(1/2ページ)

“ツヨカワJK”安田祐香旋風!17歳堂々の2位発進/国内女子

“ツヨカワJK”安田祐香旋風!17歳堂々の2位発進/国内女子

ボールの行方を見つめる安田。“強カワ”女子高生が2位と好発進した (撮影・高橋朋彦)

ボールの行方を見つめる安田。“強カワ”女子高生が2位と好発進した (撮影・高橋朋彦)【拡大】

 大東建託・いい部屋ネットレディス第1日(26日、山梨・鳴沢GC=6685ヤード、パー72)17歳のアマチュア、安田祐香(兵庫・滝川二高3年)が6アンダーの66で回り、首位に1打差の2位と好発進した。これまで出場したツアーは6試合連続で予選を通過。愛らしいルックスで人気も急上昇の実力派女子高生が、前週に続く史上7人目のアマVに狙いを定めた。ボギーなしの7バーディーを奪った黄アルム(30)=韓国=が首位。2打差の3位に比嘉真美子(24)=TOYO TIRES=ら2人がつけた。

 サインを求めるファンの長い列があっという間にできた。お目当ては2位発進のキュートな女子高生。楷書(かいしょ)で丁寧にサインを記した安田が文句なしに、この日の主役だった。

 「まだ1日目なんで実感とかはないです。緊張もなく、ただ良かったからこの位置にいるのかなと思います」

 7バーディー、1ボギーの66。残り128ヤードの第2打をピン横1メートルにつけた5番(パー4)からは3連続バーディーを奪った。1Wの平均飛距離は240ヤード。同組の渡辺彩香、成田美寿々に大きく劣るが、「飛ぶ人はうらやましいと思うけど、気にならない」と正確無比なアイアンショットで飛ばし屋2人を圧倒した。

【続きを読む】

  • 2位と好発進で笑顔の安田祐香(アマ)=鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 第1日、9番でティーショットを放つ安田祐香。6アンダーで首位に1打差の2位につけた=鳴沢GC
  • 第1日、9番でティーショットを放つ安田祐香。6アンダーで2位=鳴沢GC
  • 2位と好発進した安田祐香(アマ)=鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 2位と好発進した安田祐香(アマ)=鳴沢GC(撮影・高橋朋彦)
  • 安田祐香・ツアー成績
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. “ツヨカワJK”安田祐香旋風!17歳堂々の2位発進/国内女子