2018.7.24 05:04(1/3ページ)

原巨人前監督、シニアゴルフツアー緊急参戦!8・17開幕「ファンケル-」/国内シニア

原巨人前監督、シニアゴルフツアー緊急参戦!8・17開幕「ファンケル-」/国内シニア

男子シニアツアーへ電撃参戦する原氏。発表会見では熱弁を振るった(撮影・早坂洋祐)

男子シニアツアーへ電撃参戦する原氏。発表会見では熱弁を振るった(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 プロ野球巨人前監督の原辰徳氏(60)が男子シニアゴルフの「ファンケルクラシック」(8月17~19日、静岡・裾野CC)にアマチュア枠で出場することが分かった。大会主催者が23日、発表した。プロゴルファー顔負けの実力で知られる原氏は大会の特別顧問を務めているが、プロツアー参戦は初。バットをクラブににぎりかえた“若大将”が、酷暑の夏をさらに熱くしそうだ。

 壇上に残された椅子はただ一つ。ブラウンのジャケットに身を包んだ原氏が最後に登場すると会場のボルテージが一気に高まった。8年連続で来場者数2万人を超えるシニアツアー夏の風物詩。屈指のビッグトーナメントに元巨人の4番が緊急参戦だ。

 「(同世代の)ヒーローと同じ土俵で戦う。精いっぱい、精いっぱい、野球界の代表として頑張りたい」

 原氏は、現役を退いた翌年の1996年に大会会長を務めるファンケルの池森賢二会長(81)と知り合い、現在は大会の特別顧問を務めている。巨人監督(第2次政権時)との“二足のわらじ”から「8月はいつも(シーズンの)佳境。ペナントレースも死に物狂いだった。合間を縫ってこの大会を見ていた」と気に掛けてきた。

 監督を退いた2016年大会から池森氏に「出場しなさい」と厳命されていたという。「3日間は大変だなと。体力、技術に自信がなかった」と二の足を踏んでいたが、昨年大会終了後に再び「来年は出なさい」とラブコールを送られて受諾。球界だけでなくゴルフ界の盛り上げ役を買って出る決意を固めた。

【続きを読む】

  • 元プロ野球選手とプロゴルフ
  • 巨人監督時代に優勝旅行先のハワイでプレーした原氏=2008年12月。その腕前はプロもお墨付きを与えるほどだ
  • 壇上で健闘を誓う(左から)崎山プロ、羽川プロ、室田プロ、原氏、ファンケル・池森会長、PGA倉本会長、中嶋プロ、鈴木プロ
  • 会見に臨む大会特別ゲストプレーヤーの前巨人監督の原辰徳氏=東京都港区(撮影・早坂洋祐)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 原巨人前監督、シニアゴルフツアー緊急参戦!8・17開幕「ファンケル-」/国内シニア