2018.7.22 15:49

ギルマンが逆転優勝 奈紗以来史上6人目のアマ制覇/国内女子

ギルマンが逆転優勝 奈紗以来史上6人目のアマ制覇/国内女子

特集:
畑岡奈紗
優勝し、トロフィーを持ち笑顔のクリスティン・ギルマン=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)

優勝し、トロフィーを持ち笑顔のクリスティン・ギルマン=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)【拡大】

 センチュリー21レディース最終日(22日・滋賀県瀬田GC=6518ヤード、パー72)20歳のアマチュアで国内女子ツアー初出場のクリスティン・ギルマン(米国)が、2位から出て67で回り、通算17アンダーの199で逆転優勝した。アマ選手の勝利は、2016年の日本女子オープン選手権を制した畑岡奈紗以来で史上6人目、アマの初出場優勝は12年のキム・ヒョージュ(韓国)以来史上2人目だった。

 アマ選手が優勝したため、4打差で2位の小祝さくらと木村彩子が1、2位の賞金を折半して1072万円を獲得。4位に比嘉真美子とカリス・デイビッドソン(オーストラリア)が入った。上田桃子は7位、新垣比菜は17位だった。(出場58選手=アマ3、晴れ、気温34・4度、西南西の風3・1メートル、観衆5659人)

クリスティン・ギルマン「初めての日本女子ツアーで優勝の快挙を達成できて、信じられない気持ち。最初は緊張したが、スコアを気にしないで、バーディーを取ることに集中した。日本では新しいものを体験できて、印象深いことが多かった」

木村彩子(68で2位)「これまで最終日に伸ばせないことが多かったので、目標はクリアできた。これからもっと上位で戦いたい」

新垣比菜(73に終わり17位)「ショットの感覚がよくなかった。(同学年の)小祝さんが優勝できなかったのは残念。来週は一緒に優勝争いをしたい」

松田鈴英(地元滋賀県出身。最終日ベストタイの66で12位)「地元の試合で少しは恩返しができたかなと思う。調子は上がっている」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 優勝し水を掛けられるクリスティン・ギルマン(中央)=瀬田ゴルフコース西コース(撮影・門井聡)
  • 1番ホールティーショットを放つクリスティン・ギルマン=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  • 1番ホールティーショットを放つ小祝さくら=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  • 13番ホールパーパットを外し表情を曇らせる小祝さくら=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  • ホールアウトしキャディとグータッチする小祝さくら(左)=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  • ホールアウトした木村彩子=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  • ホールアウトした木村彩子=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  • 18番ホールセカンドショットを打つ比嘉真美子=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  • 18番ホール、セカンドショットを打つ比嘉真美子=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  • ホールアウトした比嘉真美子(右)=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  • ホールアウトした上田桃子=滋賀・瀬田GC西C(撮影・門井聡)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. ギルマンが逆転優勝 奈紗以来史上6人目のアマ制覇/国内女子