2018.7.14 17:42

マークセンが首位浮上、谷口は3差2位に後退/国内シニア

マークセンが首位浮上、谷口は3差2位に後退/国内シニア

 日本シニアオープン選手権第3日(14日、北海道ニドムクラシックコース=6829ヤード、パー71)大会3連覇を狙うプラヤド・マークセン(タイ)が6バーディー、2ボギーの67で回り通算4アンダー、209で首位に浮上した。

 首位から出た谷口徹は2バーディー、5ボギーの74で通算1アンダーとなり3打差の2位に後退。川岸良兼、寺西明、金鍾徳(韓国)も2位に並んだ。(出場65人=アマ2、晴れのち曇り、気温24・4度、南の風6・3メートル、観衆776人)

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. マークセンが首位浮上、谷口は3差2位に後退/国内シニア