2018.7.13 18:47

ツアー初勝利狙う沖、課題のパットに光明「タッチ合わせること心がけた」/国内女子

ツアー初勝利狙う沖、課題のパットに光明「タッチ合わせること心がけた」/国内女子

第1日、6アンダーで首位の沖せいら=イーグルポイントGC

第1日、6アンダーで首位の沖せいら=イーグルポイントGC【拡大】

 サマンサタバサ・レディース第1日(13日、茨城県イーグルポイントGC=6588ヤード、パー72)アマチュア時代以来の優勝を狙う20歳の勝みなみが66をマークし、沖せいら、申ジエ(韓国)、カリス・デイビッドソン(オーストラリア)、サイ・ペイイン(台湾)とともに首位に立った。

 ツアー初勝利を狙う沖は6バーディー、ボギーなしと安定した内容だった。15番で10メートルを沈めるなど、課題としていたパットが入り「タッチを合わせることを心がけた」とうれしそうだった。

 パットはここ5試合ほど悩んでいたそうで、通算7勝の佐伯三貴からアドバイスを受け、練習を増やしたという。東北福祉大出で、プロテスト合格は24歳だった昨夏。「(活躍する同世代に)早く追い付きたい。回ってきたチャンスを無駄にしないようにする」と意欲的だった。

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. ツアー初勝利狙う沖、課題のパットに光明「タッチ合わせること心がけた」/国内女子