2018.7.8 17:48

川岸、今季最高の2位「ドライバーがしっくりしてきたのは収穫」/国内女子

川岸、今季最高の2位「ドライバーがしっくりしてきたのは収穫」/国内女子

18H、バーディーパットを沈め2位タイでホールアウトした川岸史果=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)

18H、バーディーパットを沈め2位タイでホールアウトした川岸史果=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司) 【拡大】

 ニッポンハム・レディース最終日(8日、北海道アンビックス函館C=6378ヤード、パー72)首位から出た30歳のアン・ソンジュ(韓国)が6バーディー、1ボギーの67を出し、通算13アンダーの203で逃げ切って今季3勝目を挙げた。2打差の2位は川岸史果とテレサ・ルー(台湾)。

 23歳の川岸が今季自己最高の2位に入った。3位から出て6バーディー、2ボギーで68。「久しぶりに最終組を楽しめた。アン・ソンジュさんは隙がなかった」とさばさばと話した。

 本格参戦1年目の昨季は初勝利を挙げ、賞金ランキング7位に入った。しかし今年は、この大会の前まで第2戦の9位が唯一の1桁順位と目立たなかった。5月には愛用のドライバーのヘッドが割れるアクシデントも。手になじむ代替品がようやく見つかり、臨んだ今大会の躍進だった。「ドライバーがしっくりしてきたのは大きな収穫。来週も楽しみ」と明るい表情だった。

初日結果へ2日目取組へ

  • ティーショットを放つ、惜しくも2位タイに終わった川岸史果=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 川岸、今季最高の2位「ドライバーがしっくりしてきたのは収穫」/国内女子