2018.6.8 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】ゴルフ界の金の卵をシニアが応援、ツアーに「ジュニア」の中高生が参加

【乾坤一筆】

ゴルフ界の金の卵をシニアが応援、ツアーに「ジュニア」の中高生が参加

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆
台湾でのシニアツアーの大会に出場した吉本ここね(前列左から2人目)

台湾でのシニアツアーの大会に出場した吉本ここね(前列左から2人目)【拡大】

 8日に開幕する男子ゴルフのシニアツアー第5戦「スターツシニア」(茨城・スターツ笠間GC)で大会初の試みとして、茨城県ジュニア強化チームのメンバー、男女中高生6人が最終日にエキシビションで参加する。来年の茨城国体や2020年東京五輪を見据え、若い選手に実戦の場を提供し、応援するのが狙いという。

 5月に日本のシニアツアーとして初めて海外で開催された第3戦「富邦仰徳シニア盃(フーボン・ヨウトク シニアカップ)」(台湾・林口GC)にも、日本と台湾のジュニア選手6人が出場した。こちらはプロと同じティーグラウンドから挑戦し、シニアと成績を競った。

 日本からは17年度の女子ナショナルチームのメンバーで、昨年8月の「PGAジュニア選手権」(女子の部)で優勝した吉本ここね(18)が出場し、3日間大会を“完走”。通算15オーバーの74位だったが、学んだのはプロの技術だけではなかったよう。「皆さんすごく楽しそうにプレーするのが印象的。やさしくしていただいて、とにかく楽しかった」と心底喜んでいた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 【乾坤一筆】ゴルフ界の金の卵をシニアが応援、ツアーに「ジュニア」の中高生が参加