2018.6.7 05:03(2/3ページ)

JGTO、片山処分も…5・30プロアマ戦で同伴ゲストに不適切な対応/国内男子

JGTO、片山処分も…5・30プロアマ戦で同伴ゲストに不適切な対応/国内男子

片山晋呉

片山晋呉【拡大】

 JGTO主催の国内メジャー「日本ツアー選手権森ビル杯」(5月31-6月3日、茨城・宍戸ヒルズCC)で、開幕前日に行われたプロアマ戦の最中に騒動が起きた。

 複数の関係者の話を総合すると、歴代優勝者の片山と招待客3人は13番からスタート。プレーを終えて招待客は14番ティーグラウンドに向かったが、片山は同行せず放置。13番グリーンに残ってパッティング練習を続けた。

 招待客の男性が片山に、14番ホールに来るよう促した。これに対して片山は「まだ前が詰まっているじゃないですか」などと発言。男性は憤慨し、1ホールのみでプレーを止めてクラブハウスに引き揚げた。

 関係者によると男性は片山に対して隣のホールまで聞こえるぐらいの大声で怒り、クラブハウスでも「青木会長を出せ!」と怒りが収まらない様子だったという。

 JGTOは当事者から聞き取りを済ませており、招待客やスポンサーなどに対し青木会長名で謝罪のコメントを発表。事実関係の詳細は明かしておらず、外部弁護士からなる調査委員会を設置して他の2人の同伴アマチュアらからも事情を聴くなどして事実認定を進める。調査結果を公表した上で、6月中に懲戒・制裁委員会で片山の処分の可否を決める方針だ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. JGTO、片山処分も…5・30プロアマ戦で同伴ゲストに不適切な対応/国内男子