2018.5.9 05:02

石川遼、芹澤と初のプロアマ 10日開幕「日本プロ選手権」/国内男子

石川遼、芹澤と初のプロアマ 10日開幕「日本プロ選手権」/国内男子

特集:
石川遼
プレーを楽しんだ石川遼と芹沢信雄(右) =房総CC 撮影・高橋朋彦

プレーを楽しんだ石川遼と芹沢信雄(右) =房総CC 撮影・高橋朋彦【拡大】

 男子ゴルフの国内メジャー今季第1戦「日本プロ選手権」は10日から4日間、千葉・房総CC房総ゴルフ場東C(7324ヤード、パー72)で開催される。8日は大会には出場しないシニア選手が参加してのプロアマ戦が行われた。

 日本プロゴルフ協会(PGA)が主催する日本最古の大会。通常のプロアマ戦は大会に出場するプロ1人にスポンサーや関係者らアマチュア3人が組むが、今回はプロ1人にボランティア参加のシニアプロ1人が加わりアマ2人と組んだ。男子ツアー初の試みで、アマチュアとのコミュニケーション法を若手プロらに伝授する狙いがある。

 芹澤信雄(58)=TSIグルーヴアンドスポーツ=と同組で回った選手会長の石川遼(26)=CASIO=は、「シニアプロのホスピタリティーとレッスンを間近で見られて勉強になった」と振り返った。

PGAの倉本昌弘会長「シニアもレギュラーも関係なく大会を支えようと一丸になった。プロアマの趣旨を理解して、それぞれ気がつくことがあったと思う。来年もこの形で実施したい」

芹澤信雄「レギュラーの選手が最初からいろいろ(アマへのレッスンで)言うのは難しい。ショットで見せて、選手のすごさを楽しんでもらうことも必要」

ツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 石川遼、芹澤と初のプロアマ 10日開幕「日本プロ選手権」/国内男子