2018.4.27 05:03(1/3ページ)

痛恨ダボ…石川遼、高さ2メートルの壁に「打ちのめされた」/国内男子

痛恨ダボ…石川遼、高さ2メートルの壁に「打ちのめされた」/国内男子

特集:
石川遼
18番のフェアウエーバンカーから、石川が第2打を放つも脱出失敗。痛恨のダボだった(撮影・中島信生)

18番のフェアウエーバンカーから、石川が第2打を放つも脱出失敗。痛恨のダボだった(撮影・中島信生)【拡大】

 中日クラウンズ第1日(26日、愛知・名古屋GC和合C=6557ヤード、パー70)4年ぶり出場の石川遼(26)=CASIO=は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの69で回り、1アンダーで21位スタート。最終18番で痛恨のダブルボギーをたたいた。「RBCヘリテージ」で日本人5人目の米ツアー優勝を遂げた小平智(28)=Admiral=も21位。星野陸也(21)=フリー=とアンソニー・クウェイル(23)=豪州=が5アンダーで首位に立った。

【続きを読む】

  • 大会直前にアゴが高くなった18番のフェアウエーバンカー(撮影・中島信生)
  • 16H、1オン狙いのティーショットを放つ石川遼=名古屋GC和合C(撮影・中島信生)
  • 18H、最終ホールをダブルボギーとした石川遼=名古屋GC和合C(撮影・中島信生)
  • 9H、前が詰まりティー待ちの間談笑する石川遼、小平智、宮里優作=名古屋GC和合C(撮影・中島信生)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 痛恨ダボ…石川遼、高さ2メートルの壁に「打ちのめされた」/国内男子