2018.4.21 05:03(1/3ページ)

石川遼、崖っぷち57位→11位 18番“池っぷち”からパーセーブ/国内男子

石川遼、崖っぷち57位→11位 18番“池っぷち”からパーセーブ/国内男子

特集:
石川遼
18番で両膝まで水につかりながら打つ石川。パーセーブでピンチを切り抜けた(撮影・岡田茂)

18番で両膝まで水につかりながら打つ石川。パーセーブでピンチを切り抜けた(撮影・岡田茂)【拡大】

 パナソニックオープン第2日(20日、大阪・茨木CC=7343ヤード、パー71)首位に7打差の57位から出た石川遼(26)=CASIO=は6バーディー、1ボギーの66で回り、通算5アンダーの11位に浮上した。首位に並んで出た星野陸也(21)=フリー=が4バーディー、1ボギーの68で回り、通算10アンダーで単独トップに立った。2打差の2位には、星野とともに初日首位の片山晋呉(45)=イーグルポイントGC=ら6人が並んだ。

【続きを読む】

  • 7H、ティーショットを放つ石川遼=茨木カンツリー倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 18H、3打目を放つため池に入る石川遼=茨木カンツリー倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 8Hに向かう途中、Vサインをする木下稜介=茨木カンツリー倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 17H、ティーショットを放つ星野陸也=茨木カンツリー倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 10H、ティーショットを放つ木下稜介=茨木カンツリー倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 14番でパットを放つ片山晋呉。通算8アンダーで2位=茨木CC
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 石川遼、崖っぷち57位→11位 18番“池っぷち”からパーセーブ/国内男子