2018.4.14 16:23

松山英樹が始球式 マスターズより「こっちの方が全然緊張する」

松山英樹が始球式 マスターズより「こっちの方が全然緊張する」

特集:
マスターズ
松山英樹
試合前、始球式をつとめる男子プロゴルファーの松山英樹=楽天生命パーク室内練習場(撮影・土谷創造)

試合前、始球式をつとめる男子プロゴルファーの松山英樹=楽天生命パーク室内練習場(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天-西武、2回戦、14日、楽天生命)プロゴルファーの松山英樹が始球式を務めた。投球はワンバウンドしたが、球速は115キロを計測。2日間、約50球ずつを投げて練習したそうで「目標は120キロだったのでかなり不満」と悔しがり、今月出場して19位だったマスターズ・トーナメントと比べ「こっちの方が全然緊張する」と苦笑いした。

 1月に死去した楽天元監督の星野仙一氏から生前に誘われていたことから実現した。星野氏の背番号77をつけてマウンドに上がり「1月に亡くなられて、その前にやっていればという思いが強い」と話した。

  • 試合前、始球式をつとめる男子プロゴルファーの松山英樹=楽天生命パーク室内練習場(撮影・土谷創造)
  • 試合前、始球式の練習をする男子プロゴルファーの松山英樹(中央)。左は楽天・則本、右は辛島=楽天生命パーク室内練習場(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山英樹が始球式 マスターズより「こっちの方が全然緊張する」