2018.3.12 05:01

鈴木が2位/国内女子

鈴木が2位/国内女子

プレーオフで敗れた鈴木愛=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)

プレーオフで敗れた鈴木愛=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)【拡大】

 ヨコハマタイヤPRGRレディス最終日(11日、高知・土佐CC=6228ヤード、パー72)アン・ソンジュ(30)=韓国=が通算11アンダーで並んだ鈴木愛(23)=セールスフォース=とのプレーオフを制し、ツアー通算24勝目を挙げた。

 昨季賞金女王の鈴木は18番(パー4)のプレーオフで迷いが出た。「アゲンストを感じたり感じなかったり、思い切って打てなかった」。残り125ヤード、フェアウエーの絶好の位置から第2打を放ったが、ピンまで15メートルと寄せることができなかった。上がり3ホール連続バーディーで追いついたが、2015年大会でも敗れるなどこれでプレーオフは1勝4敗。それでも「久しぶりに私らしいゴルフができた」と前向きだった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 3H、ティーショットを放つ鈴木愛=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 鈴木が2位/国内女子