2018.3.12 10:36

ウッズ、1打及ばず2位も「今大会全体としてはいい感触」/米男子

ウッズ、1打及ばず2位も「今大会全体としてはいい感触」/米男子

特集:
タイガー・ウッズ
18番でラインを読むタイガー・ウッズ=パームハーバー(ゲッティ=共同)

18番でラインを読むタイガー・ウッズ=パームハーバー(ゲッティ=共同)【拡大】

 米男子ゴルフのバルスパー選手権は11日、フロリダ州パームハーバーのイニスブルック・リゾート(パー71)で最終ラウンドが行われ、13年8月以来の優勝を狙った元世界ランキング1位のタイガー・ウッズ(米国)は70と伸ばしきれず、パトリック・リード(米国)と並んで1打差の2位。

 節目の通算80勝目を目指したウッズは32パットとグリーン上で苦戦して2バーディー、1ボギーの70にとどまり、1打及ばなかった。それでも、どん底からの復活を印象づける内容に「チャンスを生かせなかったのは残念だが、今大会全体としてはいい感触だった」と手応えを口にした。

 次週は4連覇を含む通算8勝と、抜群の相性を誇るアーノルド・パーマー招待(米フロリダ州オーランド)に参戦する。「大好きな場所だ。ここ数年は出場できていなかったので楽しみにしている」と意気込んだ。(共同)

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 海外その他
  4. ウッズ、1打及ばず2位も「今大会全体としてはいい感触」/米男子