2018.3.11 15:07

アン・ソンジュが鈴木愛とのPO制す さくらは3位/国内女子

アン・ソンジュが鈴木愛とのPO制す さくらは3位/国内女子

特集:
横峯さくら
3H ティーショットを放つ横峯さくら=土佐CC(撮影・甘利慈)

3H ティーショットを放つ横峯さくら=土佐CC(撮影・甘利慈)【拡大】

 ヨコハマタイヤ・プロギア・レディース最終日(11日、高知県土佐CC=6228ヤード、パー72)首位から出たアン・ソンジュ(韓国)が通算11アンダー、205で並んだ昨季賞金女王の鈴木愛をプレーオフの末に下した。昨年3月の開幕戦、ダイキン・オーキッド・レディース以来の通算24勝目で、賞金1440万円を獲得した。

 今大会で2012年から7年連続となるプレーオフは、最初のホールでアンがバーディーを奪って決着した。2打差の3位は横峯さくら、さらに1打差の4位は申ジエ(韓国)だった。(出場56選手=うちアマ0、晴れ、13・1度、南の風2・3メートル、観衆4990人)

アン・ソンジュの話「まだ信じられない。1年ぶりの優勝だが、正直、優勝はもうできないかもと思っていたので、うれしい」

横峯さくら(3日間アンダーパー)「久しぶりだったので自信になった。スコア的にはナイスプレーだが、1回もトップをとらえられず残念」

勝みなみ(プロ入り後初の10位以内)「パットが思ったところに打てた。少しずつ調子も上がっている」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 3Hティーショットを放つ横峯さくら=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 10H、ティーショットを放つイ・ボミ=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 10H、笑顔を見せる竹内美雪=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 10H、手を振る三ケ島かな=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、笑顔を見せるキム・ハヌル=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 16H、ティーショットを放った安田彩乃=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 16H、ティーショットを放つ三浦桃香=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 17H、ティーショットを放つ三浦桃香=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • プレーオフで勝利したアン・ソンジュ(右)と敗れた鈴木愛=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 優勝杯を掲げるアン・ソンジュ=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ鈴木愛=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  • プレーオフで敗れた鈴木愛=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. アン・ソンジュが鈴木愛とのPO制す さくらは3位/国内女子